窓ガラスに使われるガラスの種類

glass_type
窓ガラスに使われるガラスにはどのようなものがあるのでしょうか。住まいの中で用いられるガラスは、大きく分けて2種類あり、それぞれ「一般ガラス」、「機能ガラス」と呼ばれています。その大きく分けた2種類を更に細かくしていくと、「一般ガラス」には、フロート板ガラス、網入板ガラス、型板ガラス、すり板ガラスなどがあります。フロート板ガラスはいわば普通のガラスであり、透視性や採光性はありますが際立った特徴はありません。網入板ガラスは内部に金属の網が入っているものであり、破片が飛び散ったり脱落することが少ないため火災の時などに延焼を防止する効果があります。型板ガラスは形成時に凹凸の方に入れて整形したガラスで、視線を遮る効果があるため浴槽やトイレなどに使用されています。すり板ガラスはフロート板ガラスの表面に研磨剤で不透明になるように加工を施したガラスですが現在はあまり使用されていません。

続いて「機能ガラス」ですが、「機能ガラス」には複層ガラス、強化ガラス、合わせガラスなどがあります。複層ガラスは複数のガラスの間に乾燥した空気を封入した中空層を持たせたガラスであり、結露の防止や空調の効果を高める特徴があります。強化ガラスは風圧に強いガラスで、割れたときに粉々になるため破片で人体が傷つくことを防止することが出来ます。合わせガラスは複数のガラスを中間膜と呼ばれる樹脂膜で接着したガラスのことで、風圧や衝撃に強く割れたときに破片が飛散しにくい特徴があります。また、中間膜を工夫することで防音や防熱効果などを付加することも出来ます。

さまざまな性能を持った窓ガラスがあります。自分のライフスタイルや周辺環境、予算などに応じて選ぶことが大切です。