病院だからこそ窓ガラスにまで清潔感を求めるべき

hospital_window
最近はどのような施設でも住宅でも、そして人でも「清潔感」を求められるような時代になりました。確かに不潔であるよりは、少しでも清潔であった方が嬉しいものですし、清潔な方が健康的な面でもかなり良いと言えるでしょう。そんな清潔感がより求められるのは、病院のような医療機関かもしれません。というのも、病院は人の病を治す場所であるわけですから、そこが不潔であっては元も子もありません。不潔は新たな感染症を発生させるリスクを持っていることもありますので、ほとんどの病院は病棟内の清潔保持をしっかりと保つように心がけているのでしょう。しかし、そんな病院も隅々まで清潔保持ができているわけではありません。

個人的な見解ではあるものの、病院は窓ガラスにまで清潔保持を意識されているところは少ないと言えます。というのも、窓は基本的に開けることができない病院も多いですので、人が触れる可能性も低く感染経路としてはそれほど重要視されていないという背景があります。しかし、窓ガラスが汚れていたとすればどうでしょうか。患者様やその家族様からは「汚い病院だな」なんて思われてしまうこと間違いありませんし、こんな病院に入院したくないと感じてしまうことでしょう。そのため、病院だからこそ窓ガラスにまで清潔感を求めるべきなのです。

現在、医療機関は患者様を獲得するためにしのぎを削っているのが現状です。そのため、カスタマーサティスファクションを実現する上で、他の病院よりもより良い医療を提供しなければなりませんんし、患者様が過ごしやすい環境を作り出す義務も生じています。そのような背景からも、窓ガラスの清潔感保持はそのカスタマーサティスファクションを実現する上でも欠かせないポイントであると言えるでしょう。そのため、定期的に窓ガラスを清掃するようにアウトソーシングで業者を導入するだとか、職員が窓ガラスの汚れを意識するなどしておくべきです。