窓ガラスを長持ちさせる方法

long_lasting
ガラスは寿命があるわけではなく半永久的なものだと聞いたことがあります。しかし、どうやらガラスは自然に割れることもあるようです。その主な原因として挙げられるのが「熱割れ」と「錆割れ」です。熱割れとはガラスが日光などの熱などによって高音なった場合、膨張しようとする力が働くわけですが、その力がそれを抑えようとする力を超えた場合に割れてしまうことを言います。そして錆割れとはガラスの中に金属の網が納入されているタイプのもので起こり、要因となるのは金属の錆です。ガラスの内部にあるとはいえ条件がそろえば金属は錆びてしまい、錆びた金属が膨張してガラスを破壊します。ではそれらを回避してガラスを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか。熱割れについてはその原因となる反射・放射・熱だまりの状況を作らないことが重要なので、ガラス面にカーテンやブラインド・家具・鏡などを密着させない、エアコンの風が直接ガラスに当たらないようにする、ガラスに着色したり色の濃いフィルムを貼ったりしない、窓際にベッドを置かない、ストーブの熱をガラスに直接当てない、熱だまりを作らない、電球などをガラスに密着させない、特にこだわりがない場合は単体の板ガラスを使用する、などの方法が挙げられます。続いて錆割れの予防については、ガラス端部に防錆塗料を塗布する、金網入りのガラスを交換するなどが挙げられます。なお金網入りガラスの交換についてですが、使用が消防法の規定によって定められている場合がありますので、その点は注意が必要です。