防犯ガラス、最新情報が知りたい!

crime_prevention
一度でも空き巣に入られた方であれば、是が非でも二度目の被害を防ぐために様々な防犯対策を行うことでしょう。そして空き巣に入られた経験が無いという人でも、その被害を見聞きすれば、自然と防犯意識は高まっていくはずです。そのような空き巣被害をできるだけ最小限に抑える上で重要な役割を果たしてくれるのが防犯ガラスという特殊なガラスです。この防犯ガラスはどんどんと年を追うごとに進化して行っており、常に最新のものが出てきているのが現状です。そのため、防犯ガラスの最新情報が知りたい!と考えている方も少なくないでしょう。

それでは最新の防犯ガラス事情として、どのような特性がついているのかと言いますと、まずガラスの強度が高いというだけではなくガラスが貫通しないという性能を持っているのが最新の防犯ガラスの特徴になります。ガラスはただ割れにくいだけでは防犯対策にはなりません。なぜならば、日本独自の空き巣の侵入方法であると言われているこじ破りという方法で、ドライバーやキリのような鋭利なもので穴を開けて侵入するという手口が存在しているからです。このような手口を用いられると、硬くて割れにくいというガラスでも比較的簡単に穴が開いてしまいます。さらに、ガラスを割らない分、音もしないので侵入を誰かに悟られることもないんですね。そのような巧妙な手口でも、確実に防いでくれるのが最新の防犯ガラスなのです。

過去の価値観から考えると、網入りのガラスや強化ガラスと言われるガラスであれば、ある程度は防犯性能を有しているものであると認識していました。しかし、最新のガラスからしてみると、それらのガラスは防犯という面ではそれほど高い性能は有していません。ガラスにおいてもこのようなジェネレーションギャップが生じますので、防犯対策をガラスから考えている人は、最新の破損されにくい防犯ガラスを検討してみるのもいいのではないでしょうか。