ワイヤーが内蔵されているガラスの強度について

wire_glass
ワイヤーが内蔵されている窓ガラスをたまに見かけることがあります。そうした特殊な窓ガラスというのは、特定地域などでは消防法や建築基準法で取り付けが義務付けられているようですね。しかも、ワイヤーが内蔵されているガラスを取り付けない場合には、消防法や建築基準法という法律に違反することにもなるので発覚した場合には罰則もあるようなのです。

ところで、火災の際にガラスが飛散しないようにするためにワイヤーが内臓されているようなのですが、火の燃え広がりや破片による怪我など二次災害も防止することができるようですね。そうはいっても我が家や近所のお家には、そんなワイヤーが内臓された窓ガラスが取り付けてあるというお家は1軒もありませんね。ということは、この当たりは防火重点地域ではないということなのでしょうかね?まあ!そんなことは消防署にでも問い合わせないと解決しない話なので、深く詮索をするのは止めることにいたします。要するに、火気厳禁物を取り扱っている工場や火災が頻繁に発生しやすい地域には、そんな特殊な窓ガラスが取り付けてあるのかもしれませんね。

それはともかく、ワイヤーが内蔵されたガラスというのは火災には強いという反面、割れやすいということを伺ったことがあります。そこで、ワイヤーが内蔵されたガラスについて調べてみることにしました。すると確かに、火災の際にはワイヤーがガラスの飛散を防いでくれるという効果があるようですね。ただし、同じ厚みを持った通常のガラスよりも、強度の面では若干弱いようなのです。ということは、防犯面では空き巣に簡単に割られてしまうということにもなるのでしょうかね。おまけに、割れたガラスもあちこちに散らばりにくいので、割れる際の音も若干小さ目なのかもしれませんね。一見すると、ガラスの中にワイヤーが内臓されているくらいなので、通常のガラスよりも強度があるのかな?と誤解してしまいますね。